地震観測網の連続波形から異変をすばやくキャッチ

ハイネットアンテナについて

ハイネットアンテナのご案内

ハイネットアンテナとは?

ハイネットアンテナは、防災科研Hi-netの高感度地震観測網の連続波形から、すばやく異変をキャッチするウェブサイトです。当サイトでは、人が感じないほどの微振動を観測しているHi-netのデータを、素早く解析して表示しています。波形の乱れを、手軽に監視するためのツールとしてご活用下さい。

2018年9月に再チューニングを行い、解析方法をアップデートしました。ハイネットの全観測点から乱れのあった地域のみを抽出する仕様に変更し、データの視認性が向上しています。

グラフの見方

連続波形画像の乱れを簡単なグラフに変換して可視化しています。
グラフの長さは、波形画像の乱れの大きさを表しています。
グラフの色成分は揺れの強弱を表し、赤に近づくほど、振動の揺れ幅が大きくなります。

つまり、異変の度合いによってグラフが変化しますので、どの地域で微振動が続いているか、簡単に察知することが出来ます。気になる観測地点を見つけたら、リンク先のHi-netの波形画像をご確認下さい。

グラフの長さ 波形画像の乱れが大きさを表しています。(振動が長時間続く場合、長くなりやすいです)
グラフの色の成分 揺れの強弱を表しています。揺れ幅が大きくなるほど、赤色が濃くなります。
対象時間 表示されている時間の期間(1時間)の波形画像を解析しています。
観測点 防災科研 Hi-net【高感度地震観測網】
防災科研 F-net【広帯域地震観測網】
Hi-net高感度地震観測網
  1. 北海道
  2. 東北
  3. 関東
  4. 北陸・甲信
  5. 東海
  6. 近畿
  7. 中国
  8. 四国
  9. 九州
F-net広帯域地震観測網
ご利用ガイド

ページトップに戻る